注文住宅を建てる際に気をつけること

一戸建てを購入するということは誰もが憧れることで、人生の中でも最大の買い物になることが多いと思います。その中でも、部屋の間取りやキッチン・外壁・内装のデザインなどを好きなように決められる注文住宅は理想的な家を建てる最良の方法です。しかしその分、打ち合わせを何度も重ねる必要がありますし、オプション料金も掛かってきます。そのため、注文住宅を建てるにあたって失敗しないためのポイントをいくつか紹介したいと思います。まず第一点は、担当となる建築会社の営業さんの人柄や仕事に対する姿勢を見極めることです。注文住宅を建てる前に、いくつかの建築会社と打ち合わせをすることになると思いますが、その際にレスポンスが早く、丁寧な説明をしてくれる営業さんを選ぶことです。営業さんとは、打ち合わせの段階から建築中はもちろん、建物が完成した後も関係が続きますので、真摯に対応してくれそうな営業さんのいる建築会社を選ぶことをお勧めします。第二点は、間取りやデザインなどの希望は遠慮なく提案した方が良い、ということです。もちろん、建築基準法上の制限や金額の面などで全てが思い通りに行くことはなかなか難しいのですが、遠慮なく提案してもらった方が、設計する側としても対応しやすいいのです。第三点として、建築会社としてのアフターサービスが整っている会社を選ぶ、ということです。新築の一戸建てでも、木造の場合は柱や壁、天井などの構造部分の伸縮が落ち着くまで3年ほどはかかります。その間に、どうしても細かな補修が必要になることが多くあります。こうした場合に、スムーズに対応してくれる体制を明確化している会社を選ぶことがポイントです。以上の点に注意して、理想の注文住宅の購入に役立ててみて下さい。